ダイエットプーアール茶の効果をあげる豆腐ダイエットでストレス知らず!

ダイエットを志しながら、うまくいかない経験という経験を持つ人はそんなに少なくないと思います。私もその一人です。

ダイエットって、周りの協力がないとできないですよね… 私は母から「痩せたら」と頻繁に言われましたが、いざ頑張ろうとしても母が作った食事はとにかく量が多いし、おやつという誘惑も多いし、食事制限はまず無理でした。また、運動をしようとしてもそもそも敢えてスポーツジムに行くという体力もなく、となると朝か夜のウォーキングになるのですが、朝は起きることができず、夜は「暗いから一人で行くなんてダメ」と言われ、結局運動になりません。そしていざダイエットするぞ!と燃えると、「無理だって」「絶対続かないよ」と最初から失敗をほのめかされたり、「お、やっとやる気になったか?」と茶化されたりして、気持ちの良いものではありませんでした。

そんな中、結婚し、ようやく本気でダイエットを決意!主人と豆腐ダイエットを始めました。もともと「ご飯は残り物でもOK」という2人なので、同じおかずが2度3度続いても問題はありませんでした。豆腐でハンバーグ、ステーキ、ナゲットなどを作り、野菜や調味料を変えて楽しみました。また、カレーやトマトソースで煮込んだりして雰囲気を変えたり、あとは野菜たっぷりのスープを作ったり、サラダや煮物など、日々工夫をしていました。そして、デザートにはフルーツも食べました。お互い朝の日課はトイレに行って体重計に乗ることから始まります。そしてそんな生活を続け、2人とも6キロから7キロほど減らすことができました。

ここまで痩せることができたのは、ストレスを溜めないようにしていたからだと思います。同じおかずが2度続いても構わないとは言え、もちろん野菜と豆腐だけの生活を何週間も続けたら確実に飽きます。また、摂取カロリーがあまりにも低い生活が続くと、最初は痩せていきますが、徐々に身体が慣れてしまうためにダイエット効果が薄れてしまうのです。私たちはそれを防ぐために1週間に1度は好きなものを食べていました。お菓子も食べたし、ハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードも食べました。翌日の体重はそれなりに増えましたが、元の食生活に戻すと段々減っていきます。また、この豆腐ダイエットは急激に痩せていかないため、リバウンドもありません。

その後は妊娠してダイエットの意識はなくなってしまいましたが、主人も私も元の体重を維持できています。リバウンドはまだしていません。家族の協力が得られるならば、豆腐ダイエットはおすすめです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です